長く続けるとそれなりのポストにたどりつく

ゲームセンターでのアルバイトは考えるとプールの監視員にも似ているかもしれません。絶えず全体を見渡していなくてはいけないことからも両者は似ているといってもいいかもしれません。

 

もちろんゲームセンターでは生死にかかわることはないかもしれません。しかし、トラブルはよく起きますし、機械の調子も悪くなるでしょう。

 

店内には軽食も出している関係上フロアが汚れたりちらかったりすることもあります。常に清掃を心がけなくてはいけませんし、そのためにも全体を見渡す目というものがとても大切になるのです。

 

そのような全体を見渡せる目ができてくるといずれはそれなりのポスト、副店長であるとか店長に抜擢されるかもしれません。
アルバイトであるからといってもこのような接客商売であれば実力主義であることは当然です。

 

それと長年勤続を続けていれば信用度もアップしていますので店長などに抜擢されることは決して珍しいものではないのです。それでも待遇はアルバイトのままかもしれません。

 

また本人が望めば正社員の道も開けてくるでしょう。アルバイトといえども信用されかつそれなりの勤続年数になるとそれなりに責任のあるポストにつけるということですね。

 

実際にそのような目標がモチベーションにつながることはよくあります。

 

アルバイトであるからあきらめるのではなくアルバイトから始めてチャンスをうかがうということも当然の手法としてこれからはよく考えてみるべきものかもしれません。