経験がものをいう

仕事をするうえで一番大事なのは経験でしょう。いくらかしこくて未知の実力があったとしても経験というものはゼロです。経験はどうしても年数が必要になります。

 

ですからいくら頭が切れてもまだ入ったばかりの人と勤続3年の人では経験値が違います。3年も仕事をしていれば様々なトラブルを乗り越えてきたことだと思います。

 

そうなると一つ一つ乗り越えてきたことが自分自身の財産ということになるのです。

 

ですから、いくら実力があっても入ってまもない人であれば、負けることはありません。経営側でも一番重視しているのは経験でありその人がどれだけ信用できるかということなのです。

 

いくら頭が切れて実力があるとしても信用されなければどうにもなりません。会社にとって都合のいい人というわけではありませんが、まずは信用されることが第一であることは間違いないのです。

 

ゲームセンターでは販売とは少し違うかもしれませんが、立派な接客業であることには変わりはありません。

 

お客さんに如何に満足して帰ってもらうかがとても大切なこととなるのです。そしてそういうことができる人はやはり経験豊富な人ということがいえるというわけですね。

 

実際に経験というものはお金で買うこともできません。文字通り自分で経験して積み重ねていくしかそれを手にする方法はないのです。

 

そのことはしっかりと自分自身で覚えておかなくてはいけませんし、ゲームセンターで働くうえでもっとも大切なこととなるのです。